風景の最近のブログ記事

ハゲの元彼は今どうしているのかとふと気になったので、思い出としてここに書き綴っておきます。元彼とM字はげについての話しをこれからしていきます。彼は出会った当時に29歳で、その頃は前髪があったせいか気づきませんでしたが、その頃から徐々にM字はげは進行していたようです。

5年程たった頃、彼は床屋さんに行ったようで髪型がそれまでとは変わっていたんですね。前髪を無くして髪を立てていました。その髪型をみて、あれ、この人こんなにおでこ広かったっけと思いました。どんどんM字はげが進行していき、その頃には自分でも気になってきたのか、常に帽子を被っていました。外での食事の時にも帽子を被ったままでしたし、マナーとして嫌でしたね。

枕には結構な数の抜け毛がありましたし、髪を洗った後の排水溝も気になりました。一応、彼はお風呂上がりには、抜け毛予防のスプレーをやっていましたがM字はげに対する効果のほどは感じられず。気になるなら、もういっそのことスキンヘッドか坊主にしてしまえば良いのにと思いましたが、本人にはとても言えず。そのまま付き合いは続いていきましたが、些細なことで喧嘩になりお別れすることになりました。別れた原因は決してM字はげのせいでは無いですよ。今どんな髪型になっているのかちょっと気になりますけどね。
M字はげの原因と対策テク

よくある初心者向けのFXの教科書では、「損が生まれた時にはナンピンを入れることによって、全体の買い付けコストを抑える事ができる」等と書かれているが、正直ナンピンにはかなり大きな引っ掛けが待ち受けています。

 

まずはじめに、ナンピン買いの手法について手短に記述しておきます。

例として1ドル=100円でドルを買ったとします。

 

$買いですので円安ドル高に推移するほど黒字が大きくなりますが反対に1ドル=95円までドル安方向に向ったとします。

 

このままの状態で保持し続けたとしたら、損がなくなるまでにはドル安になった分ドル高が進まなければならない。

誰もがみんな、損は早急にリカバリしたいと願います。

 

この状況を変えるため最初に売り買いしたのと同額のドルを1ドル=95円で買い増しする。

それによって、平均の買い付け単価は1ドル=97.50円まで抑える事が出来ます。

 

結果として、2円50銭の幅で円安ドル高に向えば赤字を回復できる。

 

この流れがナンピン買いのロジックだ。

ぐっさん日記

このような、ナンピン買いの原理を理解すると、「その通り」という考えになるが、外国為替市場は易々と思い通りにはいきません。

 

1ドル=95円が底だということなど誰も予想できません。

仮定として、マーケットが相当に強いドル安基調だとすると95円では下げ止まることなく、更に一段の円高ドル安にいく可能性がある。

 

一例として、97円50銭でナンピン買いをした場合に、95円まで円高になったら、ナンピンしたポジションにも、為替差損が生じることになってしまうのである。

 

そういう状態では初めに取引したドルと全部で、2倍の損失が生まれます。

 

この通り、ナンピンは難しいのだ。

 

それなら、為替があなたの筋書きとは反対にみるみる行ってしまった場合、どのような手法で危険性を回避すればいいのでしょうか。

 

選べる道は2つしかありません。

まずひとつめは執着しないで損切りをする事です。

 

ふたつめは所有している買いポジションを減らす事で、マーケットが回復するのを動かないで待つ事です。

かなり後ろ向きな対策だと思う人もいるでしょう。

 

けれども、ポジションに損失が生じた場合最も効果のある方法はそれ以外にはありえません。

 

勿論、理論上は、ナンピンという対策もあるように思える。

けれどもナンピンは自分か損失を出している場面で買いポジションを減少させるどころかそれとは反対に買いポジションを積み増していく手段です。

 

この考え方では、危険を管理することなどどうやっても可能ではないと思ったほうがいいです。

 

ナンピン買いをし続けられればその内勝てるかもしれません。

でも、それより先にお金は不足してしまいます。

 

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち風景カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは趣味です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

2020年11月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30